プリウス 任意保険 安い

プリウスの任意保険を1番安くする方法

プリウス 自動車保険

プリウス 自動車保険

プリウス 自動車保険

プリウス 自動車保険

プリウス 自動車保険

 

人気のプリウス、自動車任意保険の保険料はいくらかかるかご存知ですか?

 

プリウスの自動車任意保険の保険料:23000円〜180000円

そんな馬鹿な・・・。同じ車種でそんなに幅があるはずない!と思いますよね。

 

自動車保険の保険料は、年齢、免許証の色、ノンフリート等級、毎日乗るのか週末だけ乗るのか、車種、年式、走行距離、そして受けたい補償の金額などによって決まります。

 

プリウス 任意保険

 

新車のプリウスと10年経過したプリウスとでは、当然保険料が違います。
新車なら車両保険をつけるでしょうから、保険料はグンと上がります。

 

さらに若い人ほど運転が未熟とされるので、保険料が高いです。
だから本当に年間の保険料が15万円も違うということが起こりうるのです。

 

でも車を運転するなら、自動車任意保険には入っておかなければなりません。
事故を起こした場合の相手への補償はもちろんですが、自分の将来を守るために絶対に必要です。

 

あなた自身の保険料がいくらなのか相場を知りたいなら、自動車保険一括見積もりサイトがオススメです!

 

 

任意保険の保険料はどこの保険会社でも同じというわけではありません。
比較せずに保険会社を決めてしまうのは、本当にもったいないです。

 

同じ補償内容なら保険料が安い方がうれしいという方にも、保険料が同じなら有名な保険会社にお願いしたいという方にも簡単に比較できるので便利です。

 

一括見積もりを依頼したら電話がいっぱいかかってくるのでは・・・と心配されている方、ご安心ください。

 

自動車保険の一括見積もりの回答は、ハガキや封書で送られてくることが多いです。
数字を目で確認出来ますから、安心おすすめですよ。

 

 

 

自動車保険の補償

 

プリウス 自動車保険 補償

 

万が一車で事故を起こした加害者になった場合は、被害者へ賠償しなければなりません。
強制保険である自賠責保険は被害者の身体へできる最低限の補償しか出ません。
足りない分は自費となり、この部分を任意保険で補うのです。

 

被害者が障害を背負ったり、もし死亡した場合は億単位の賠償が必要になることもあります。
貯金では到底まかなえませんので、車を運転するのであれば任意保険へ加入しましょう。

 

大きく分けると自動車保険は、@対人賠償・A対物賠償・B人身傷害・C車両保険の組み合わせで決まるのです。
これらは一体、何が違うのでしょう?

 

事故相手への補償は@の対人賠償、事故相手の車や電柱などへの補償はAの対物賠償です。

 

自分への補償にはBの人身傷害(さらに搭乗者傷害も)、自分の車への補償がCの車両保険です。

 

このほかに弁護士特約やバイク特約などの特約をつけることで、自分に合った形にカスタマイズされます。
自動車保険はどんな人もオリジナルの商品となり、全く条件が同じという人はまず見つけることができません。

 

この4つの補償をどういうバランスでつけるかによって、保険料が大きく変わります。

 

 

任意保険の補償の設定

 

プリウス 自動車保険 補償金額

 

この@対人賠償 A対物賠償 B人身傷害 C車両保険の補償額をいくらに設定するかによって月々の保険料が変わります。
オススメの補償金額は以下の通りです。

 

@対人賠償は無制限で契約しましょう。 
A対物賠償は無制限で契約しましょう。 
B人身傷害は3000万円〜保険料に応じて契約しましょう。 
C車両保険は車のローンの有無、買い替えの検討などを考慮して契約しましょう。

 

細かく見ていきましょう。

 

@対人賠償は無制限で契約しましょう。 
事故の相手を死傷させた場合に備えて、無制限で契約しておきましょう。
万が一、事故の相手が死亡しあなたに過失が認められた場合、1〜3億円の賠償請求がくることもあり得ます。
自分のためにも必ず「無制限」にしておいてくださいね。

 

A対物賠償は無制限で契約しましょう。 
事故相手の車やカードレール・信号機などの修理に備えて、無制限で契約しておきましょう。
自分に過失がある場合は事故相手の車の修理費用やガードレールなどの修理費はすべて払わなければなりません。
貯金がたくさんあるなら別ですが、そうでないなら無制限で契約しておきましょう。

 

B人身傷害は3000万円〜保険料に応じて契約しましょう。
実際にかかった損害額に対して支払われる人身傷害、最低限でもいいのでつけておきましょう。 
任意保険に事故相手が加入しておらずかつ貯金も無い人であったら、無い袖は振れませんので自分の治療費は自分で払わなければならなくなります。
後から請求することは出来ますが、払ってもらえるかは微妙です。
自分の怪我には自分で備えましょう。

 

C車両保険は車のローンの有無、買い替えの検討などを考慮して契約しましょう。
車両保険は保険料がかなり上がるので、必要に応じて加入しましょう。ローンが残っている車は加入しておくと安心です。
補償の幅の広い「一般型」がおすすめですが、補償範囲が限定された「エコノミー型」なら保険料が抑えられます。

 

 

自動車保険のノンフリート等級とは?

 

プリウス 自動車保険 等級

 

自動車保険は特殊なシステムで管理されています。

 

それはノンフリート等級といい、一番最初に自動車保険に加入した際は6等級からスタートします。
そこから1年間、事故などで自動車保険を使わなければ1等級アップして7等級になり保険料が割引されます。
これを毎年繰り返すと最大で20等級となり、保険料がかなり格安になるのです。

 

しかし事故を起こして自動車保険を使用すると、事故の種類によって3等級ダウン、もしくは1等級ダウンとなります。
等級が下がると、翌年の保険料がアップするのです。
とてもわかりやすいですね。

 

そしてこの等級は自動車保険の会社を変更しても引き継ぐことができるのです。
ですからずっと同じ保険会社でないと損をするということはありません。
保険料の安い会社に変更することもできますから、自動車保険は毎年見直ししてくださいね。

 

 

車両保険と保険料

 

車両保険

 

自動車保険に車両保険はつけますか?
付けられるなら絶対につけた方がいいのですが、車両保険の加入すると驚くほど保険料が上がります。
あまりの上がりように若干、気おくれするほどです。

 

車両保険で補償される上限は契約した車の時価が最高額です。
古い車をぶつけて廃車にして、保険でもっといい新車を買う・・・などということは出来ません。

 

さらに事故で車が壊れたときに修理代を車両保険で払います。
すると翌年の自動車保険の保険料がアップするのです。これは得なのか損なのかわかりにくいですね。

 

車が古くて買い替えを検討しているような車であれば車両保険は必要ないかもしれません。
しかしプリウスは人気の車種なので、盗難などには備えておきたいですよね。

 

そういう場合は補償範囲が限られたエコノミー型の車両保険はいかがでしょう?
一般型よりも保険料が安くなります。